decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

保湿が重要

アトピーの原因の一つに、肌のバリア機能の低下していることが関係していると先に紹介しました。バリア機能の低下の原因として、肌の乾燥が関係しています。そこでなるべく保湿を心がけるようにすることも、アトピー対策の観点からすると有効です。市販されている保湿剤を見てみると、ワセリンとヘパリン類似物質、尿素の配合された3タイプに分類できます。その中でもアトピーの人であればだれでも安心して使用できるのが、ワセリンと言われています。他の2種類が肌内部に浸透します。このため、アトピーの炎症を起こしているところに塗ると、痛みやかゆみを引き起こすことがあります。でもワセリンに関しては、肌表面にとどまってくれるので、炎症部分でも安心して使用できます。

保湿剤を塗るタイミングですが、入浴直後です。できればお風呂に入ったりシャワーを浴びたりしてから5分以内に塗るように心がけましょう。肌に水分が残っている段階に塗るのがおすすめです。その他にも冬場乾燥しているときに肌がかさついているようであれば、こまめにワセリンを塗るようにするのも有効です。仕事で外出している時間が長ければ、チューブタイプの携帯しやすいワセリンを持参すると乾燥する時間を極力短くできます。
また、アトピー改善のためのスキンケア商品などを利用して、肌の保湿・バリア機能を高めるようにするのもいいでしょう。

loading
×